手持ちの美少女イヤホンの美少女達まとめ

いつの間にか手元に増えた美少女イラストを冠したイヤホン達。
当ブログでは「例のアレ」でタグ付けがされている、例のアレである。

例のアレ
「例のアレ」の記事一覧です。

最初はネタ感覚で入手していたものではあるが、その外見以上に個性的な音質を有していることからレビューをする面白さが満たされるものが多い。
結果として今では好んで入手するようになってしまった。
そのおかげで今やすっかりエロゲみたいなイヤホンレビューブログになりつつある。
おじさんはね、可愛い女の子が大好きなんだ。

ということで、せっかくなので手元にある美少女イヤホンのまとめ記事、もとい美少女一覧記事を立てておこうと思う。
コイツ気持ち悪ぃなと思ったそこのあなたは正しい。
筆者自身もそう思っている。

スポンサーリンク

水月雨(MOONDROP)

水月雨(MOONDROP)は中国(おそらく深セン)を拠点とした、2015年に設立されたオーディオブランドだ。
1万円程度のものから10万円近いものまで、多種多様なイヤホンを展開している。

美少女キャラクターは「水月友希」なる一人を扱っている様子であるが、絵柄や雰囲気が作品毎にまるで違っており、正直それぞれで異なる人物を扱っているような印象を受ける。
ちなみに水月友希はVtuberみたいに喋って動いて歌ったりする。
それら映像はbilibiliより確認可能。

MOONDROP Aria

大戦犯イヤホン。原点にして頂点。
筆者を美少女イヤホンに引き込んだ張本人であり、MOONDROP Aria以上にエロゲ感のあるパッケージには出会えていない。

このAriaちゃんから漂う”幸薄そう”感は筆者の性癖を刺激する。
ヴィレッジヴァンガードにありがちなよくわからないジュブナイル漫画のような、読み終わった後筆舌にし難いモヤッとした感情に襲われる作品に出てくるヒロイン感がある。
あんまり幸せなエンディングを迎えてほしくないし、常に表情も曇っていてほしい。

音の傾向はとてもまったりとした印象。
9000円以下という安価でありながら感じさせる上品さは大変に好印象。
ビルドクオリティも高く初心者にもおすすめできる優れたイヤホンだ。

MOONDROP KXXS

これもまた筆者をより沼に引きずり込んだ戦犯イヤホン。

KXXSちゃんは白黒でシンプル。
故に愛でるポイントが少ないのが悲しいところだ。
よく見ればなんだか違和感を感じる顔つきだが、それもまた味である。

音の傾向はレベルアップしたMOONDROP Aria。
音の傾向はAria据え置きで、解像度含めサスティンや迫力などが順当にパワーアップしている。
イヤホン筐体が鏡面加工でありとっても傷つきやすいのが困る所ではある。

MOONDROP KATO

筆者のぶっちぎりお気に入りイヤホン。

KATOちゃんはあるキャラのガッツリコスプレを決めているのが特徴的。
清純派ヒロインを感じる様相であり、また製作者の愛を感じるものでもある。
あー曇らせたいなぁ。

ポジションとしてはKXXSの進化版という体であるが、音の傾向は別物。
マイルドなKXXSから、よりはっきりとした出力傾向に変わり、解像度は段違いにパワーアップ。
バランス感が非常に高くどんな曲も明るく楽しく聴くことができる。
とってもおすすめなイヤホン。

MOONDROP 竹-CHU

コスパぶっ壊れイヤホン。
4000円以下クラスでは正直これより良いイヤホンは無いと思う。

竹ちゃんはピンク髪の水月ちゃんでは無さそう。
十二単を着た姫カットであり、本機種の竹なる名前も相まって、どう見てもかぐや姫モチーフ。
シンプルな印象ながらも中々な嫁度を誇る逸材である。
自然に湧き出た「嫁度」と言う言葉であるが、意味はよくわからない。
自分が怖い。謎が謎を呼ぶ。

音傾向はマイルド。
バランス感・解像度はこの価格帯では信じられないレベルに良く、それでいながら本機でしか味わえない(MOONDROPらしい)魅力がある優れたイヤホン。
MOONDROP入門編に大変おすすめ。

MOONDROP VARIATIONS

評価に迷うイヤホン。
ただなんだかんだ面白いので筆者環境では利用率は高い。

VARIATIONSちゃんは、筆者的に一番シコい。
絵もすごい安定しているし、ラノベのそれ感がハンパじゃない。
すごく曇らせたい。

出力傾向はかなりブーミー。
低音が太く逞しく響き、中高音域が食われがち。
しかして解像度は極めて高く、本機でしか味わえない音色がそこにはある。
バランス感はあまり良くないが、音楽の楽しさを思い出させてくれるようなユニークさがある。
筆者はなんだかんだ言いながら、よく使っている不思議なイヤホンである。

MOONDROP STELLARIS

とてもむずかしいイヤホン。
ただしビルドクオリティやオプション品は最高。

STELLARISちゃんはKXXSちゃんほどではないがシンプルな作風。
ラメ加工があり作画も安定していてとても綺麗。
衣装は意外と派手であり、重そうで装飾多めなドレスをまとっている。
是非カラーで拝見したかったところだ。

音傾向は高音重視。
今までの安定したMOONDROP感は無く、低中音域がだいぶ抜けている。
サ行は刺さり気味であるし、金属音はシャリシャリとしがち。
アンプをかましても改善は少なく、本機自体でだいぶ尖ったチューニングがされている模様。
パッケージ絵も相まって、筆者的には愛が薄いイヤホンだ。

MOONDROP 蘭-LAN

原点回帰がうかがえるMOONDROPイヤホン。
パッケージ絵も良い感じ。

蘭ちゃんは筆者が敬愛するInnocent Grey味のあるミステリアス感がある。
こちらを眺める表情ではあるが、その眼差しの奥には異なる何かを見つめ思案するような”迷い”がうかがえる。
口元も決して笑みを浮かべているとは表現し難いものであり、これから起こる何かに身構えるようでもある。
この後猟奇事件に巻き込まれそうだし、幸せになれ無さそう。
すごく良い。

音傾向は変わらずマイルドなMOONDROPな音。
STELLARISで何かを察したとしか思えない音傾向であり、色々と察するものがある。
その為か、MOONDROP 竹-CHUとあまり差別化が行われているとは思えない出力傾向が感じられる。
リケーブルができる、ビルドクオリティが高く触感が優れているという差があるので、本機なりの強みはそれなりにある。

MOONDROP 菊-JIU

カジュアルすぎるイヤホン。
一方で、キャラデザがとても優秀。

菊ちゃんはチャイナドレスを着た水月ちゃん。
4,000円台の安価モデルでありながら、なんだかぶっちぎりでキャラデザが良く作画も力が入っている。
手持ち・未入手を問わず、MOONDROPのなかで一番可愛いまである。
そんでもって…水月ちゃん”ちっぱい”なんすね(ニチャア

音傾向はほぼ竹-CHU。
というか筐体やケーブル品質含めて竹-CHUのソレ。
Type-C接続を否が応でも求められるため竹-CHUよりも拡張性が無く、扱いに困る。
でも菊ちゃんは可愛いから…。

MOONDROP 竹-CHU II

低価格イヤホン戦争を終わらせる事のできるイヤホン。

竹2ちゃんは同社製品において筆者の中で一番解釈違いの娘。
全然竹感も無ければそれを際立たせようとすらしていないのが腹立たしい。
竹背景ではあるが何故かパーティドレス、申し訳無さ程度にパンダを添えただけ、という”ちぐはぐ”な絵であり、どうにもミスマッチしている感が際立ってしょうがない。
ブラッシュアップされた次期パッケージも”パンダを背負っただけ”という安直なものであり、どうにも本作への力の入れ具合を感じないものである。
チャイナドレスを着ろ(半ギレ

しかして、音質は最高。
五千円以下という価格帯でありながら、普通にウン万円のイヤホンと戦える/凌駕するクオリティを有している。
大言壮語ではない、正に低価格イヤホン戦争を終わらせる事のできるイヤホンだ。

MOONDROP Little White

美少女イヤホンじゃないけどラインナップ。
MOONDROP資産をカジュアルに無線使用するためのアイテム。

Little Whiteちゃんは病弱薄幸美少女の”体を模した”水月ちゃんだ。
いや、鏡に写っている虚像がピンク髪なのだから、この白い姿こそが本当の水月ちゃんなのか?
では我々が今まで視認してきたピンク髪の水月ちゃんは仮の姿?
本当の水月ちゃんは、どこかの病室でこのピンク髪の姿を幻視しているのか?
…うむ、なんだか興奮してきたよ…!

で、肝心の性能としてはなんだか中途半端な印象。
音質は感覚70%減だし、通信品質もよろしくない。
まぁ無線での扱いやすさと音質をいい塩梅でトレードオフした製品という事で評価。

MOONDROP Golden Ages

音良し見た目良し、その他は貧弱という扱い辛いTWS。

Golden Agesちゃんは、80年代アニメを意識したような高コントラストな配色とはっきりした線画で彩られたアイコニックな水月ちゃん。
魚眼レンズでの撮影を意識した構図なのだろうけど、なんだか少し歪で造形的不安感を覚える様相を体している。
まじまじと見ていると体調を崩すおそれがあるので注意が必要だ。

製品としては上述の通り、とても優れたハードウェアを有している反面、その他がとても貧弱。
人混みでは全く使えたものでは無いし、管理ソフトウェアの品質もまだまだといった印象。
これからブラッシュアップされていくものなのだろうけども、2024/5現在は”問題有り”と評価せざるを得ない。

スポンサーリンク

IKKO

IKKO Audioは中国深センを拠点とした、オーディオブランドだ。
例に漏れず1万円程度のものから10万円近いものまで、多種多様なイヤホンを展開している。

あまり美少女絵を前面に出しているブランドではないが、なんかいっつも娘っ子がパッケージを飾っている。
恥ずかしがらずもっと出してどうぞ。

IKKO OPAL OH2

あんま面白くないイヤホン。

OPAL OH2ちゃん?さん?
とってもストリートな感じでもあるし、なんだかカートゥーン味もある。
まぁシコれない。

平坦な音色でバランスに極振りしたモニターライクな音傾向。
解像度は高く、音の粒立ちは極めて良好ではあるが、音場が狭く立体感は薄い。
個性的なものはあまりなく、パッケージ絵も相まって面白くないなぁという印象。

スポンサーリンク

NICEHCK 

NICEHCKは、2015年に深センにて設立されたオーディオブランドだ。

最早中華イヤホン好きには説明不要。
イヤホンというよりケーブル屋さんというイメージではあるが、色々と高品質なイヤホンを展開している。
堅実的でしっかりとした、且つ無骨な商品を展開しているイメージを個人的に抱いている。
…のであるが最近、低価格帯を中心に美少女パッケージを採用しており、どうにも怪しい動きをしている。
筆者的にはそんな事しなくても十分なブランドイメージがあるのに逆効果では…と杞憂を抱いてしまうものである。

NICEHCK DB2

ドンシャリだが扱いやすいサウンドのイヤホン。

パッケージはオリジナルキャラのDB2ちゃん(Tian Huiちゃん)。
ロリみの強いビジュアルではあるが乳はでかい。
クソデカ謎ヘアピンと左右非対称のリボンという、テンプレのような二次元美少女が逆に新鮮さを醸し出すものであるが、何より気になるのは左手に持っている謎の円柱だ。
茶葉入れかと思いきや飲んでいるのはコーヒーだし、お菓子の容器とも思えない。
なんだろう、多分スタングレネードとかかな。

音の傾向は平凡的。
特筆できるのが”どちらかというとドンシャリ”というぐらいで少々無個性気味だ。
Truthearのようにバランス感重視という印象でもなく、MOONDROPのような締まった低音も無い。
使用シーンを選ばない素直なイヤホンという評価。

スポンサーリンク

Truthear

Truthearは中国(おそらく深セン)を拠点とした、2022年に設立されたオーディオブランドだ。
展開されている製品は執筆時点で4つしか無く、まだまだこれからといった企業である。

ここは一人の美少女を中心にパッケージを飾っているのだが、これがまた中々に逸材。
名前は「白」。
“しろい”と呼ぶのが正しいみたい。

なお、パッケージを飾るイラストは公式HPでDLが可能。

Truthear HOLA

とても聴きやすくデザインの良いイヤホン。
謎のパッケージが魅力的。

彼女…”白ちゃん”に出会った時、電に撃たれたような感覚に襲われた。
あまりにも不安定な体躯と作画、それでいながら自信のある曇りなき眼差し。
何よりも、イヤホンなのにこのキャラのためだけの三面図が描かれたカードが入っていることには恐怖すら感じたんだ。
いやきっとこの感情は、恋なのかもしれない。

音は言ってしまえば普通。
安価モデルでありながらとても聞きやすくバランスの良い出力を感じることができる。
癖も無く扱いやすい為、中華イヤホン入門にうってつけ。

Truthear x Crinacle ZERO

癖のあるイヤホン。

パッケージは相変わらず白ちゃん。
相変わらずどことなく不安定さを感じるものであるが、HOLAよりはまとも。
うさ耳が生えているのに人間の耳が確認できる。
じゃあなんだ?頭のそれは飾りなのか?
あと装着しているイヤホンさぁ、Crinacle ZEROじゃないよね?
なんなんだ君は。好きだ。

音の傾向としてはバランス重視。
であるのだが、どうにも人為的な補正が強すぎるというか、不自然に均されたバランス感がある。
HOLAの出力傾向に一曲二癖付いたような違和感がある。

Truthear HEXA

見た目がカッコいいイヤホン。

また会えたね白ちゃん。
恐らく木陰と思われるシャドウが描かれているのが目を引くところ。
HOLAやZEROに比べると全体像として違和感が少なく、現状「Truthearのフラッグシップ」であるということもあり、気合が入った作画の印象を受ける。
でもやっぱりそこはかとない不安定さがあり、趣がある。
「趣」って言葉、便利で好き。

音の傾向としてはモニタライク。
DD+BAというハイブリット機でありながらBAの呼吸音がまるで聞こえない。
BA君生きてる?大丈夫?おっぱい揉む?白ちゃんの。

Truthear x Crinacle ZERO:RED

スッキリキラキラに洗練されたZERO。

パッケージは勿論白ちゃん。
まーた難しい構図でのイラストなんか書いちゃってぇ。
パースが取れて無くて刃牙の登場キャラクターみたいな腕の太さしてるように見えるじゃん。
ほんと白ちゃんはおちゃめだなぁ。

音の傾向としては洗練されたZERO。
無印ZEROにあった違和感や人工感がかなり軽減され、自然に且つ洗練された出力が魅力的となっている。
反面、使い難い筐体は据え置きなので、手放しに称賛することができないという難しいイヤホンだ。

Truthear NOVA

これまでのTruthearらしくない派手な音色が魅力的なイヤホン。

パッケージは天使な白ちゃん。
装飾型でありながら破綻がなくド安定な絵柄で描かれている。
羽の表現が若干怪しいながらも、全体のクオリティは非常に高く今までの不安感がある白ちゃんみが無くなっている。
それに伴い親しみやすさも無くなってしまっている為、筆者は憤りを隠せない。
白ちゃんを愛でる時はね、誰にも邪魔されず自由で、なんというか救われてなきゃあダメなんだ。
独りで静かで豊かで……。

音の傾向としてはこれまでのTruthearらしからぬと言った感じ。
Truthearののっぺりフラット感から逸脱し、メリハリのある鮮やかな音色で楽しく鳴らしてくれる。
付属品も優秀で高品質。満足度の高いイヤホンだ。

TRUTHEAR NOVA
created by Rinker
スポンサーリンク

TANCHJIM

TANCHJIMは中国(おそらく深セン)を拠点とした、2015年~17年頃に設立されたオーディオブランドだ。
ここの会社の製品はどれもが「黒、金、銀」のみの彩色で構成されているのが特徴的。

パッケージキャラは一人の美少女を採用している。
名前は「浅野てんき」。
実はVtuberみたいに喋って動いて歌ったりする。
それら映像はbilibiliより確認可能。

最近では信心が高まり過ぎて御神体までお迎えしている。

TANCHJIM OLA

小さく軽く、解像度が高く明るいと中々に優秀なイヤホン。
しかして角張った形状がお耳にイタイイタイなのだった。

パッケージを飾るのは勿論浅野てんきちゃん。
しっかりとしたキャラデがされており、イラストも美麗。
どこかのエセうさ耳娘と違ってしっかりとOLAを装着しているのもポイントだ。
これからの商品展開に備えてちゃんとしたプロダクトの元に生まれたキャラ感を感じる。
故に「金の匂いがする女」と呼称する。
ふーん、エッチじゃん。

音傾向は上述したとおり。
安価でありながら大変に優秀な音質を備えてる。
MOONDROP 竹-CHUと肩を並べれる逸材であるが、装着感にクセがあるのが玉に瑕。

TANCHJIM ZERO

バランスの良いクセの無さが魅力のイヤホン。
ただまぁ、長期的なお付き合いはできなさそう。

パッケージは勿論浅野てんきちゃん。
外装もデザインもOLAちゃんに酷似しているが、こっちのほうがぶっかけに向いてそうリビドーを刺激する表情をしている。
よく見ればZEROを装着しているように見え、やはりしっかりとしたプロダクトを感じるものである。

音傾向は価格相応のバランス重視。
あー聴きやすいなぁ、というぐらいしか特筆することができないぐらいのあっさり具合であり、オーディオファン相手に向けた製品ではない印象。

TANCHJIM NEW HANA

所有欲が満たされるイヤホン。

パッケージは飾ってはいないが、浅野てんきちゃんのポストカードが付属。
しっかりとNEW HANAを装着し、そのカラーリングに合わせた配色の服装・装飾品でドレスアップしている。
とてもかわいい。脇を舐めたい。

優れた筐体美を持つが、音の傾向は実はドンシャリ。
ぶりぶりした出力で中高音域が丸く聴こえがち。
解像度も高くはなく、値段相応とは言い難い印象。
でもてんきちゃんは可愛いから…。

TANCHJIM KARA

ポテンシャルは高いがスロースターターなイヤホン。

TANCHJIM NEW HANA同様、パッケージは飾ってはいないが浅野てんきちゃんのポストカードが付属。
しっかりとTANCHJIM KARAを装着したビジュアルではあるが、なんだかその眼差しは物憂だ。
というか、腕を組んで無表情俯瞰気味からくるS気のあるその視線は、一定の特殊性癖を刺激する。
やめてそんな眼で見ないで、悔しいけど感じちゃう。

優れた筐体美と、澄み渡る空気感と解像度が魅力的。
一方で、箱出しからすぐにはその魅力を味わえない硬めなドライ